院内がん登録テストページ

院内がん登録とは?

院内がん登録とは、当院でがんの診断や治療を受けた患者さまや他院でがんと診断され当院へ紹介となり、がんに対する治療を行った患者さまについて、がんの診断・治療・予後に関する情報を登録・収集する仕組みのことをいいます。当院では、2007年1月より院内がん登録を開始し、現在では年間約1,300件を登録しています。

院内がん登録の目的は、当院におけるがん診療の実態を把握し、がん診療の質を向上させるとともに、がん患者さまやそのご家族への支援に役立てることです。毎年、登録したデータは、国立がん研究センター がん対策情報センターが実施する院内がん登録全国集計に提供され、我が国のがん対策の基礎データとして活用されています。また、北海道の地域がん登録事業にも参加しており、がんの罹患状況等において北海道のがん対策にも協力しております。

北見赤十字病院 院内がん登録統計(2011年症例全国集計より)

院内がん登録全国集計結果については[こちら]を参照ください。

↓↓↓