医療安全推進室

医療安全の方針

院内全体の医療安全文化の醸成を促し、安全で質の高いチーム医療を推進する。

  活動方針
  • 職員のリスク感性向上にむけて取り組む
  • 医療安全に係る諸問題を解決するために、各部門の医療安全推進担当者との連携・協働を図る。
  • 職種間のコミュニケーションを円滑に運営する。
  • タイムリーな情報発信と情報共有の実施。

医療安全活動

スタッフは、室長(副院長兼務)1名、副室長(専従医療安全管理者)1名、主事1名で活動しております。

業務としては、病院全体の医療安全の啓蒙、医療事故防止策の推進、院内ラウンドや医療安全のマニュアルの周知および定期的な見直し、医療安全に関する情報の発信、インシデントデータのとりまとめなどを行っています。
職員の医療安全意識も高まりとともに、インシデントレポートの報告数は年々増加傾向にある。事故の再発防止に向けて、事故の状況確認と原因の分析、対策の検討など組織横断的に行っています。
また、週に1回の医療安全推進室会議をはじめ、毎月委員会・部会を開催し、院内における医療安全管理対策を統合的に協議・企画・実施しています。

 


【医療安全推進室会議〜風景〜】

【27年度5S活動優秀部門】

  北見赤十字病院 医療安全管理指針

  医療安全管理体制図

 
〒090-8666 北見市北6条東2丁目
TEL:(0157)24-3115 / FAX:(0157)22-3339

Copyright© 2008 JAPANESE RED CROSS KITAMI HOSPITAL. All rights reserved.