消化器内科・腫瘍内科

はじめに

  現在、「消化器内科・腫瘍内科」外来では受診患者さまが年々増加しております。

 そのことから、事前予約がなく受診されるご紹介患者さまにおいて外来待ち時間が延長している現状があります。

 つきましては、緊急の患者さまを除き、「紹介予約・完全予約外来」となりました。

 ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

医療機関の認定

日本消化器病学会専門医制度認定施設

日本消化器内視鏡学会専門医制度指導施設

特色

 当院はオホーツク医療圏のセンター病院として高次医療サービスの提供を担っており、当科においても消化管出血などの救急医療や癌化学療法などを積極的に行っています。

医療設備

  内視鏡は最新の機器を揃えています。3台での同時施行が可能で、上部・下部とも標準的機材はもちろん、止血用内視鏡・処置用内視鏡・超音波内視鏡など用途に応じた様々なバリエーションの機材も揃えています。

 止血用のデバイスとしては、クリップやエタノールだけでなくアルゴンプラズマやヒートプローブなども緊急時にすぐに使用可能なように待機しています。胆膵領域では結石砕石器、膵管・胆管のドレナージ処置具、細径プローブ、胆道鏡なども揃えています。

対応疾患

  消化器疾患すべてを対象としています。

 本邦の死亡原因の第1位である悪性腫瘍については、当院はがん診療連携拠点病院にも指定されており、放射線治療も併用しながら化学療法を積極的に行っています。

 近年の流れである生活の質を重視した治療として外来化学療法センターを設置し、なるべく自宅で普通の生活を送りながら治療を続けていけるよう配慮しています。

 また早期胃癌については内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)も行っており、比較的大きな癌も開腹手術をすることなく完治可能となってきました。内視鏡は検査・治療合わせて当科では年間約5,000例行っており、ESD以外でも胆管結石砕石術、膵嚢胞ドレナージ術、食道静脈瘤紮術、大腸粘膜切除術、など多種の内視鏡的治療を行っています。

 その他慢性肝炎・肝硬変、炎症性腸疾患など高度医療を要する例にも積極的に対応しています。

氏名役職卒業年度
上林 実第一消化器内科部長三重大学
平成8年卒
認定医・専門等資格名
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会専門医 北海道支部評議員・幹事
  • 日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本プライマリ・ケア連合学会認定 プライマリ・ケア指導医
  • 日本肝臓学会専門医
氏名役職卒業年度
江平 宣起
第二消化器内科部長弘前大学
平成14年卒
認定医・専門等資格名
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
  • 日本肝臓学会専門医
氏名役職卒業年度
岩永 一郎
腫瘍内科部長北海道大学
平成14年卒
認定医・専門等資格名
  • 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
  • 日本内科学会専門医
氏名役職卒業年度
出水 孝章
第一消化器内科副部長旭川医科大学
平成20年卒
認定医・専門等資格名
  • 日本肝臓学会 肝臓専門医
  • 日本プライマリ・ケア連合学会 プライマリ・ケア認定医・指導医
  • 日本消化器病学会 専門医
  • 日本内科学会 認定内科医
氏名役職卒業年度
松田 可奈
第二消化器内科副部長北海道大学
平成21年卒
認定医・専門等資格名
  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本ヘリコバクター学会H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医
  • 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
  • 日本消化器病学会 専門医
氏名役職卒業年度
青山 慶哉
消化器内科医師北海道大学
平成28年卒
認定医・専門等資格名
 
氏名役職卒業年度
古川 理紗子
消化器内科医師旭川医科大学
平成28年卒
認定医・専門等資格名
 
氏名役職卒業年度
野村 朝子
消化器内科医師北海道大学
平成29年卒
認定医・専門等資格名
 
氏名役職卒業年度
白鳥 翔也
消化器内科医師北海道大学
平成29年卒
認定医・専門等資格名
 
氏名役職卒業年度
田中 崇倫
消化器内科医師札幌医科大学
平成29年卒
認定医・専門等資格名
 
 
午前古川江平岩永江平岩永
上林出水古川上林出水
松田青山(担当医)青山松田
午後IBD外来(月1回)腫瘍内科 肝臓外来 
検査・予約診療・急患診療のみ

医師名不在日
松田 可奈
10/21(月)~10/25(金)
岩永 一郎
10/23(水)~10/25(金)