初期臨床研修

北見赤十字病院における初期研修

当院はオホーツク地域の基幹病院として、地方センター病院、救命救急センターの役割を担っている急性期病院であり、有効な初期研修をするのには最適な環境であると考えています。職員全員が研修医を温かく迎え入れ、研修に専念できる環境が整った病院です。また、臨床研修プログラムは、到達目標を確実に達成できる充実した内容です。我々の一員として研修体制を発展させるスピリットのある医師を大歓迎します。

臨床研修理念・基本方針

臨床研修理念

人道・博愛に基づき、医師が、医師としての人格をかん養し、将来専門とする分野にかかわらず、医学及び医療の果たすべき社会的役割を認識する。また、プライマリ・ケアの基本的な診療能力を身に付け、患者さまを尊重した医療を提供できるよう質の高い研修を行い、地域の期待と信頼に応える。

基本方針

患者さん中心の医療を念頭に置き、医師としての必要な基本姿勢・態度を修得し、診療における基本的知識と技能を学び、自分自身でプライマリ・ケアができる診療能力とチーム医療を身につける。

①多くの疾病や病態を初期の段階から自ら経験し、修得できる。
②行動目標は患者様中心の医療で、その実現のため安全管理の方策を身に付け、チーム医療、グローバルスタンダードの医療を目指す。
③プライマリ・ケアの基本的な診療能力を身に付けるために救急・麻酔以外のローテイト期間中も各科当直医の指導のもとに全科当直研修を定期的に行い、各科における救急を要する病態をすべて経験する。
④基本研修科目、必修科目終了後は基本研修・必修科目の経験不十分な補充部分や希望科を選択できる。
⑤2年間の研修修了後当病院の専攻科研修を希望する場合は、研修管理委員会と研修医本人との協議によって決定する。

プログラム責任者挨拶

プログラム責任者(副院長)
齋藤 高彦

北見赤十字病院臨床研修プログラム責任者の副院長齋藤高彦です。
当院は、北海道の三医療圏の一つであるオホーツク地域の基幹病院として、地方センター病院、救命救急センターの役割を担っている急性期病院です。初期臨床研修の必須化に伴い臨床研修病院(管理型)として、平成16年度から2020年度まで当院管理型プログラムで124名(うち70名が北海道外の大学)の臨床研修医を受け入れています。
病院の理念である「人道・博愛に基づき、患者様を尊重した医療を提供し、地域の期待と信頼に応えます。」に基づき、臨床研修の理念を「人道・博愛に基づき、医師が、医師としての人格をかん養し、将来専門とする分野にかかわらず、医学及び医療の果たすべき社会的役割を認識する。また、プライマリ・ケアの基本的な診療能力を身に付け、患者さまを尊重した医療を提供できるよう質の高い研修を行い、地域の期待と信頼に応える。」と定めこれを実践すべく、職員が一丸となって取り組んでいる病院です。また、病院の基本方針の一つ「職員が成長でき、働く満足度が高い病院を目指します。」を達成すべく、平成24年から教育研修推進室に専任者を配置し、各部署のみならず他部書との連携、コミュニケーションを重視した活動を展開しています。
私自身、「仲良く」「楽しく」「元気で」働くことが大切であると思っています。全国的にも地方病院における医師不足が問題視されるなか、全ての職種による「チーム医療」を実践し、働きやすい病院を目指しています。病院職員一同、皆さんをお待ちしております。
初期臨床研修においては、2020年度からの臨床研修制度の一部改正に伴い、従来のプログラムに比し、2年間の研修で確実に【基本理念】、【到達目標】を達成できるプログラムをベースにして、希望により自由選択できる診療科、期間を増やしました。
1年次の内科24週は、内科・総合診療科を含む2ないし3科を選択可能としており、より多くの内科系症例を経験できるプログラムとなっております(2科の場合それぞれ12週ずつ、3 科の場合それぞれ8週ずつ)。またその他の必修分野である外科、小児科、産婦人科、精神科、地域研修はそれぞれ4週ずつ研修し、残りの48週を自由選択としました。
救急研修に関しては、臨床麻酔により静脈路確保、気道確保(気管挿管を含む)、呼吸循環管理等の基本技術を身につけ、救急外来に搬送された患者さんの診療、症例により救急病棟、ICUに入院後の管理等を経験する内容としました。麻酔科研修に加えて救急ブロック研修を8週としています。また2年間の初期臨床研修を通して、一次から三次の救急患者対応を経験できます。
当院の特色として、各診療科の連携により研修医の希望に応じた研修内容に対応するプログラムとしています(研修中であっても選択診療科を変更することにも可能な限り対応しています)。また、研修管理委員会において研修医からの意見を参考にし、今後もより充実した研修プログラムとなるよう努めています。
後期臨床研修は、専門研修の基幹型プログラムとして、内科、総合診療科、また大学等との連携型プログラムとして、内科、外科、小児科、整形外科、産婦人科、精神科、形成外科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、脳神経外科、麻酔科、放射線科、救急科、病理の各プログラムがあります。
当院は、地域の基幹病院であることから日常の外来・入院診療において多くの疾患や病態を経験し、自然に内科系・外科系の総合的な診療の能力が身に付いて行きます。是非、我々の一員となり、研修体制を発展させるスピリットのある医師を大歓迎します。

JCEP認定施設

NPO法人卒後臨床研修評価機構受審(JCEP)

卒後臨床研修評価機構より認定を受けました。
NPO法人臨床研修評価機構の調査により、認定基準を達する医師臨床研修施設として4年間の認定を受けました。今後もオホーツクの医療を支える一施設として、より良いプログラム・研修環境づくりに努めて参ります。

 認定日評価結果
初回認定2020年1月1日認定(認定)4年

初期臨床研修プログラム

全体プログラム

北見赤十字病院 初期臨床研修プログラム

研修スケジュール

スケジュール例

ローテイトの方式
【 必修分野(順不同)】
内科系診療科24週、救急(麻酔科を含む)12週、
小児科4週、外科4週、産婦人科4週、神経精神科4週、
選択科48週

【 2年目必修分野 】
地域医療4週
(置戸赤十字病院、小清水赤十字病院、本間内科医院 のいずれか)

必修研修科

内科研修プログラム外科研修プログラム
救急・麻酔科研修プログラム小児科研修プログラム
産婦人科研修プログラム神経精神科研修プログラム
地域医療研修プログラム(置戸赤十字病院)地域医療研修プログラム(小清水赤十字病院)
地域医療研修プログラム(本間内科医院) 

各選択科別研修プログラム

内科・総合診療科選択研修プログラム消化器内科選択研修プログラム
循環器内科選択研修プログラム外科選択研修プログラム
麻酔科選択研修プログラム小児科選択研修プログラム
産婦人科選択研修プログラム神経精神科選択研修プログラム
整形外科選択研修プログラム皮膚科選択研修プログラム
形成外科選択研修プログラム脳神経外科選択研修プログラム
頭頸部・耳鼻咽喉科選択研修プログラム眼科選択研修プログラム
泌尿器科選択研修プログラム 放射線科選択研修プログラム
【 緩和ケア内科選択研修プログラム 】心臓血管外科選択研修プログラム
呼吸器内科選択研修プログラム 

指導医からのメッセージ

準備中です。

病院見学案内

「病院見学受け入れの再開について
新型コロナウイルス感染対策のため、病院見学の受け入れを見合わせておりましたが、この度2020年6月1日から見学受け入れを再開させていただきます。
見学を希望される方は、2週間前までに病院見学申し込みフォームからお申込ください。」


詳しい見学内容はこちら

期間随時(土・日曜日・祝日を除く)
見学受入科全診療科(歯科口腔外科を除く)
※複数科の選択も可能です。
※救急車来院時に救命救急センターの見学ができます。
※午後5時以降に救急外来(救命救急センター)における研修医の当直業務を見学できます。
見学期間1日以上で、複数日希望可
※○○科○日間、○○科○日間と具体的にご記入ください。
宿泊・昼食当院負担で最寄りのホテルを素泊まりでご用意いたします。
※前日からの宿泊可能
昼食は院内レストラン・カフェ・コンビニの食事券をお渡しします。
申込方法希望日の1か月~2週間前までに【 病院見学申込フォーム 】からお申込ください。電子メールが使用できない場合は、必要事項をFAXまたはお電話にてご連絡ください。
必要事項1)氏名(ふりがな)
2)性別
3)大学名(学年)
4)メールアドレス
5)携帯電話番号
6)見学希望日
7)希望診療科
8)当直見学希望
9)宿泊希望日程・ホテル到着予定日時
10)その他連絡事項等
マッチング受験受験を希望される場合は、募集要項をご確認いただき事前連絡の上、7日前までに下記の書類を教育研修推進室宛てに郵送してください。
履歴書
②学業成績証明書
③卒業(見込)証明書
地域枠従事要件に関する確認書
※①④ホームページよりダウンロード(PDF形式)
※②③試験日までに発行が間に合わない場合は後日郵送可

<旅費助成>
マッチング受験にかかる旅費を助成いたします。
•道内 最大1万円
•本州 最大3万円
•九州 最大5万円
※印鑑をご用意の上、領収書をご提出ください。

持ち物・服装白衣・ケーシー等、名札(学校でお使いのもの)、上靴(サンダル不可)をご持参の上、普段着でお越しください。
注意事項モバイルやパソコンにドメイン設定(迷惑メール設定等)をされている場合、送信前にドメイン設定等を解除していただくか、当院のドメイン「kitami.jrc.or.jp」を受信リストに加えてください。
※申込後1週間経っても当院からの連絡がない場合は、お手数ですが教育研修推進室へご一報願います。
提出先(連絡先)〒090-8666 北海道北見市北6条東2丁目1番地
北見赤十字病院 教育研修推進室
TEL:0157-24-3115
メール:krc_kyouiku@kitami.jrc.or.jp
※個人情報の取り扱いについてはこちらの【個人情報の保護について】をご確認ください。

修了生の声

当院で臨床研修を修了した医師からのメッセージをご紹介します

蔦屋 美寿季(札幌医科大学卒)

研修期間:2018年4月~2020年3月
 2年間の初期臨床研修を無事終了致しました。研修でお世話になりました各科の先生方、コメディカル、事務の方々、そして臨床教育研修推進室の伊藤さん、出町さんには本当にお世話になりました。この場をお借りしてお礼申し上げます。
当院を初期臨床研修先として第一希望にした理由は地域の大きな中核病院であり豊富な救急症例を経験出来る事、ほぼ全ての科がありcommon diseaseを多く学べる事はもちろんありましたが、職員の方々が明るく仕事している雰囲気にとても惹かれました。見学に行った際にすれ違った職員の方が明るく挨拶してくださったことがとても印象的で、活き活きと研修している研修医の先輩の姿に憧れ北見日赤を第一希望にしました。
2年間を振り返ると非常に充実した研修期間でした。どの科でも上級医の先生方が熱心に指導してくださり、様々な手技を経験させていただきました。1年目の時には胆振東部地震、2年目ではコロナウイルス感染と貴重な経験もしました。胆振東部地震の際にはDMAT本部の仕事を少しだけお手伝いさせていただきました。どちらの経験からも言えることは、当院はオホーツク地域の最後の砦であり、いつ何時でも地域医療のために全力を尽くす素晴らしい病院であるということです。最前線で働く上級医の先生方、コメディカル、事務の方々と一緒に仕事をさせて頂いた貴重な経験をこれからの診療に活かしていきたいと思っております。
4月からは砂川市立病院で循環器内科医として働いています。立場的にも研修医とは違い、専門医としての責任の重さを感じております。まだ病院にも慣れず、毎日過ごすのが精一杯で不安なことばかりですが、北見日赤で過ごした2年間の経験を糧に一つずつ症例を経験して立派な医師になれるよう日々精進していきたいと思います。いつかまた成長して北見日赤に戻り、少しでも皆様に恩返しが出来ればと思っております。2年間本当にお世話になりました。

島野 金太郎(東京医科大学卒)

研修期間:2018年4月~2020年3月
 私は北見赤十字病院で研修し、大変有意義な2年間を過ごさせていただきました。北見赤十字病院は、医師・看護師をはじめとする医療スタッフや事務職の方々を含め、皆さん非常に接しやすくとても働きやすい環境でした。
地域の皆さまには至らない点やご不便をおかけしたこともあると思いますが、私たちの成長を温かく見守ってくださり本当にありがとうございました。
これからも私たちがここで得た経験を余すことなく、それぞれの地域に還元できるよう、皆精進して参りますので、どうぞ今後ともよろしくお願い申し上げます。

村川 直道(香川大学卒)

研修期間:2018年4月~2020年3月
 私たち同期8人(+たすきがけ2人)は、とても充実した2年間の研修を送ることができました。私は生まれてから24年間を香川県で過ごし、初期研修先は今まで見たことのない地域にしようと考えていました。北は北海道から南は沖縄まで、20〜30の病院を見学させていただき、北見赤十字病院に決めました。一つ目は、道外から多くの研修医が来ていたため。二つ目は北海道という土地に憧れがあり、一度住んでみたかったからです。
研修の2年間では近場では網走や知床から、遠方では積丹や稚内、利尻・礼文島まで、北海道を全制覇させていただき、とても充実した週末を過ごすことができました。具体的には、同期たちと雲丹や帆立などのおいしい海鮮を食べ、知床五湖や流氷などの広大な自然を楽しむことができました。
遊びのことはさておき、研修につきましても、とても自由度が高く、充実した生活を送ることができました。研修の2年目では様々な科で学ばせていただき、また日当直では入る日や回数などフレキシブルに対応していただきました。各科の優しい上級医に守られながら、様々な手技をさせていただき、成長することができたと思います。
2年間本当にありがとうございました。また遊びに、そして恩返しをしに帰って来たいと思います。

研修医だより

研修医だよりはこちら