産婦人科

産科医療補償制度加入について

 当院は産科医療補償制度に加入しており、平成20年10月20日から妊産婦氏名等の登録を開始しております。  この産科医療補償制度は、国が定めた「社会保障の機能強化のための緊急対策~5つの安心プラン~」において示され、民間の医療保険制度を活用する制度として運営されています。

  内容としては、分娩に関連して発症した”重度脳性麻痺”の赤ちゃんが速やかに補償を受けられる制度です。 平成21年1月1日以降の当院での分娩すべてが対象となりますので、本制度へ氏名等の登録を行っております。ご理解とご協力をお願いいたします。

 なお、産科医療補償制度の詳細は、 【 こちら 】 を必ずご覧下さい。

医療機関の認定

日本産婦人科学会卒業研修指導施設

特色

周産期母子医療センターのご案内

安全、安心なお産

  当科では原則として適応の無い分娩誘発は行わず、自然な陣痛の発来を待って、出産していただいています。

  母乳哺育を推進し、妊婦健診中から出産、退院後まで、授乳している間は看護スタッフによる手厚い乳房ケアをご用意しています。

  夫の立ち会い出産を積極的に進めています。

ハイリスク妊娠、分娩への対応

  妊娠初期から流早産のリスク軽減に努め、その治療に大きな実績を持っています。

  糖尿病、心疾患、甲状腺疾患などの合併症を有する妊婦に対し、関連する診療科との連絡を密にして対応しております。

  分娩中や帝王切開時に必要があれば小児科医の立ち会いが速やかに行われます。

  全道有数のNICUが併設され、豊富な経験を有する新生児科医のもと、高度新生児医療にも対応しています。

婦人科診療

  子宮頸癌、体癌、卵巣癌などの治療実績があります。手術、抗癌剤治療、放射線治療などを組み合わせ、個々の患者さまに最適な治療を目指します。

  子宮筋腫、高齢者の子宮脱・下垂、卵巣腫瘍などの手術症例も豊富です。

  体外受精など高度な不妊症治療は行っておりませんが、保険診療での標準的な治療、検査、人工授精などは行っています。また、必要があれば専門医療機関をご紹介いたしております。

  月経痛、月経不順、更年期障害、骨粗鬆症、尿漏れなど疾病に対し、ホルモン剤、漢方薬などの治療を行っています。女性のライフステージにより、様々な女性特有の問題が生じてきます。我々がお役に立てることも多いですので、お気軽にご相談下さい。

症例数・治療・成績

  年々婦人科悪性疾患の新患数が増え、また、産科ハイリスク患者さまの紹介が増加したことにより、その診療内容は高度化の一途をたどっています。

  先に触れたリンパ浮腫や高度な月経困難症に対する新治療などは毎年日本産婦人科学会において発表し、また論文にまとめて高い評価を得ています。さらに、北海道婦人科癌化学療法談話会や周産期研修会の幹事病院として積極的に当科の治療成績を発表し、内にこもることなく、高度、かつスタンダードな医療を実践すべく努力しています。

手術件数(前年度実績)

分類手術の内訳件数
悪性疾患子宮体部癌手術22
 卵巣癌手術22
 子宮頸癌手術11
主に良性疾患腹式子宮全摘術66
 腟式子宮全摘術11
 子宮付属器腫瘍摘出術(開腹)37
 子宮付属器腫瘍摘出術(開腹)8
 子宮外妊娠(開腹)1
 骨盤臓器脱手術20
 子宮頸部円錐切除術/焼灼37
内視鏡手術子宮付属器腫瘍摘出術(腹腔鏡)33
 子宮筋腫核出術(腹腔鏡)1
 子宮鏡下ポリープ切除術1
 子宮鏡下筋腫核出術1
産科関連手術帝王切開術147
 シロッカー氏頸管縫縮術12
 マクドナルド頸管縫縮術3

分娩統計(前年度実績)

分娩数374
生児数367
多胎症例9
母体搬送29

里帰り出産について

当院で受診して頂く際は以下の書類などを準備して下さい。

  • 現在受診されている病院からの紹介状
  • 健康保険証

受診前には診察の予約を行いますので、事前に「産婦人科外来」(℡0157-24-3115)まで連絡をお願いします。

なお、以前当院を受診されたことがある場合はその旨を伝えて下さい。

たんぽぽ(旧:母乳の会)

「おっぱいのこと」「あそびのこと」「離乳食のこと」などを医師・助産師・看護師と一緒にお話をしています。ぜひ参加しませんか?

 詳しくは 【たんぽぽ】ページをご覧ください。

無料クーポン券(子宮頸がん検診)のご案内

女性特有のがん検診推進事業の子宮頚がん検診対象者(無料クーポン券の交付を受けている方)の子宮頚がん検診を実施しております。

実施曜日・時間

月曜日~金曜日の8:00~11:00

受診方法

上記実施曜日・時間内に直接、新患受付窓口で手続きをして受診してください。

受診の際 お持ちいただくもの

  • 無料クーポン券
  • 子宮頚がん検診受診票 (必要事項を記入してからお受け下さい)
  • 健康保険証等身分証明書となるもの

その他

検診当日は月経中であっても検査には支障はありません。

北見市がん検診 子宮がん個別検診のご案内

対象者

20才以上の方

※北見市の子宮がん検診は受診間隔が2年に1回なので昨年度受診された方は受けられません。

お申し込み方法

  1. 北見市保健福祉部健康推進課に封書、FAX、電話で申し込みする。
  2. お申し込み後に受診票など必要な書類が北見市より送付されます。
  3. 毎週月曜日~金曜日の8:00~11:00の間に直接新患受付窓口で手続きをして下さい。

検査内容

  • 頸部 1,000円
  • 頸部+体部 1,400円

受診の際 お持ちいただくもの

  • 子宮がん検診受診票
  • 健康保険証等身分証明書となるもの

その他

  • 頸部:検診当日は月経中であっても検査には支障ありません。
  • 頸部+体部:月経を避けて受診してください 。

子宮頸がんワクチンの予防接種について

当院では、子宮頸癌予防ワクチンの予防接種を行っております。

詳しくは【子宮頚癌ワクチンの予防接種について】ページをご覧下さい。

氏名役職卒業年度
水沼 正弘副院長/第一産婦人科部長札幌医科大学
昭和59年卒
認定医・専門等資格名
  • 日本産科婦人科学会 専門医
  • 日本周産期・新生児医学会 暫定指導医
  • 母体保護法指定医
  • 札幌医科大学大学院 医学研究科 臨床教授
氏名役職卒業年度
根岸 秀明
第二産婦人科部長獨協医科大学
平成12年卒
認定医・専門等資格名
  • 日本産科婦人科学会 専門医
  • 母体保護法指定医
氏名役職卒業年度
金 美善
第一産婦人科副部長札幌医科大学
平成20年卒
認定医・専門等資格名
  • 日本産科婦人科学会 専門医
  • 日本産科婦人科内視鏡学会 腹腔鏡技術認定医
  • 日本内視鏡外科学会 産科婦人科技術認定者
  • 日本母体救急システム普及協議会 ベーシックインストラクター
  • 日本周産期・新生児医学会 新生児蘇生法「専門」コース(Aコース)インストラクター
  • 日本臨床細胞学会 細胞診専門医
氏名役職卒業年度
柏木 葉月
産婦人科医師札幌医科大学
平成25年卒
認定医・専門等資格名
 
氏名役職卒業年度
梅本 美菜
産婦人科医師札幌医科大学
平成27年卒
認定医・専門等資格名
 
氏名役職卒業年度
蛯谷 由真
産婦人科医師札幌医科大学
平成29年卒
認定医・専門等資格名
 
氏名役職卒業年度
山﨑 麻里
嘱託産婦人科医師高知大学
平成14年卒
認定医・専門等資格名
  • 日本産科婦人科学会 専門医
氏名役職卒業年度
野口 愛菜
嘱託産婦人科医師北海道大学
平成24年卒
認定医・専門等資格名
  • 日本産科婦人科学会 専門医
  
午前婦人科水沼根岸水沼根岸
蛯谷梅本山﨑梅本
産科梅本金/山﨑水沼根岸/山﨑蛯谷
午後婦人科手術担当医手術担当医手術
担当医担当医
産科手術検査・母親学級手術1ヶ月検診・検査手術

医師名不在日
水沼 正弘10/16(水)~10/18(金)
梅本 美菜10/16(水)~10/18(金)
水沼 正弘10/28(月)~11/ 1(金)
金 美善10/30(水)午後
金 美善11/20(水)午後
金 美善 1/14(火)~ 1/17(金)